ワンドムBIZ
  1. サービストップ
  2. パートナー制度

月額1,000円の投資でSPEEDEXパートナーに

ワンドムBIZを5契約維持いただくことで、SPEEDEXパートナーになれます。ワンドムBIZミニの月額サーバー維持費は200円(本体価格)ですので、最低月額1,000円の負担でSPEEDEXパートナーになることができます。
ご契約いただいているワンドムBIZはすべて再販売いただくことが可能ですので、この場合サーバー維持費としてお支払いただいている1,000円は権利金ではなく仕入れ代金です。したがって、ほとんどのケースでノーリスクの投資といえます。

●再販売パートナーだけに向け提供

SPEEDEXは、ワンドムBIZをはじめとしたサーバーをエンドユーザーに向けては提供していません。
SPEEDEXパートナーは、ワンドムBIZサーバーに独自のブランド名を付け、独自の価格設定で販売することができます。その際、「NTTコミュニケーションズ東京データセンターに設置したサーバー」であることを表明いただけます。
SPEEDEXはパートナー情報を公開せず、エンドユーザーからのお問合せに関しても直接ご回答しておりませんので、SPEEDEXのサービスを利用していることが再販先のエンドユーザーに明らかになることはありません。

●創業・起業アイテムとして最適

ワンドムBIZは、市場ニーズが明確なこと・専門知識がなくても利用できるサービスであること・投資リスクがないことから、創業・起業アイテムとして最適です。どなたでもすぐにワンドムBIZサーバー再販を開始できます。
友人知人への案内、SNSの利用、地域の事業所へのポスティングでも顧客獲得の見込みは十分あります。
お小遣い稼ぎのサイドビジネスしての取り組みにもいいかもしれません。

●継続的収入を獲得

企業のオリジナルドメインで利用されているサーバーは一度利用を始めると利用をやめることはあまりありません。
ワンドムBIZサーバーが一度採用されれば、長期間にわたって継続的に、収入を得ることができます。
新規契約を月々積み重ねることで、安定収入が増えていきます。

●WordPressが標準で利用可能

すべてのワンドムBIZサーバーで、人気のブログツール「WordPress」が利用できます。
また、人気の200種以上のアプリケーションも利用可能ですので、高度な利用を希望されるお客様にも対応可能です。

●ターゲットは初めてホームページを持つ層

ワンドムBIZサーバーはCentOSでPleskコントロールパネルを利用できる本格サーバーですが、利用者層をあえて「初めてホームページを持つ中小企業・個人事業者」レベルに設定し、そうしたユーザーが利用しやすい設計になっています。

●100万件以上の市場ニーズあり

総務省の『通信利用動向調査のH25年調査』によると、資本金1,000万円未満の企業の30.1%がホームページを開設していないと答えてます。
日本の中小企業数は約430万といわれていますので、ワンドムBIZのターゲットである「ホームページを持っていない中小企業・個人事業者」数は、少なくとも100万件以上あると思われます。

●パートナー向け価格の5倍程度の価格設定が可能

サーバーの利用費原価構成でもっとも大きな比重を占めるのは、サポート費用です。
SPEEDEXはパートナーだけに向けサービスをご提供しているため、エンドユーザー向けサービスに比べ、サポート費用を抑えることができます。
そのため、本格的などこに出しても恥ずかしくないサーバーを、月額200円という低価格でご提供できるのです。
ワンドムBIZサーバーの市場価格はパートナー向け価格(本ページ記載価格)の5倍程度だといえます。

●ドメイン取得はSPEEDEXに委託可能

サーバーと同時に独自ドメインを取得したいと希望される場合は、SPEEDEXにご依頼ください。
代表的なドメインである、.com .net などのトップレベルドメインと、JPドメインの取得をお手伝いできます(弊社はJPドメインの指定事業者です)。
また、SPEEDEXでは高性能なDNSをご用意していますので、ご希望によりこちらをご利用いただくこともできます。
ドメイン取得、DNSのどちらのサービスをご利用の場合も、御社の利益を上乗せし販売していただけます。
|会社概要|利用規約|よくあるお問合せ(FAQ)|サイトマップ|

株式会社アールエムエス Copyright (C) RMS Co., Ltd. All rights reserved.