ビジネス概要
ホーム再販パートナー制度>複数の異なるをドメインを運用できます

複数の異なるをドメインを運用できます

SPEEDEXの VPSでは複数の異なるドメインをそれぞれ独立して運用できます。
サーバーにいくつのドメインを置くかについて制限はありませんし、一定数以上のドメイン数の利用を禁止することもありません。
しかし、実際にいくつのドメインを設置するかは、ドメインごとの稼働状況やサーバーのパフォーマンス、サーバーのスペックを勘案してお決めください。
過大なドメイン数は、サーバーのパフォーマンスを低下させます。
非常にアクセス数が多い場合や、cgiやデータベースが多用されている場合、メールリングリストを運用している場合などには、ごく少数のドメインでもパフォーマンスが低下する可能性はありえます。
逆にアクセスが少ないドメインであれば、多数のドメインを置いてもパフォーマンスが快適ということもありえます。
最先端の VirtualHost技術を利用していますので、それぞれのオリジナルドメインのユーザーは、一般的なサーバーで利用可能な全てのサービスをご利用いただけます。

また、SPEEDEXのVPSは、同一データセンター内であればシームレスにアップグレードすることができます。まずは過不足のないスペックのプランからスタートし、顧客の増加等に伴って徐々にスペックの高いプランへ変更していくことも可能です。

ドメイン新規取得・移管代行

SPEEDEXを運営している株式会社アールエムエスは、属性型・地域型JPドメイン及び汎用JPドメインの指定事業者です。
co.jp,or.jp, gr.jp, .jp等の全てのJPドメインとcom,org, net, info, biz等のトップドメイン双方の新規取得および移動の登録代行をサポートします。
SPEEDEXにドメイン名の登録を委託いただいた場合、汎用JPドメインとcom, org,net, info, biz等のトップドメインの新規取得は、最短で正式オーダーから24時間以内に可能です。
取得済みドメイン名の移動登録につきましても、制度上可能な最短時間での行えます。
なお、ドメインの登録代行は必ずしもSPEEDEXに委託いただく必要はありません。
SPEEDEXパートナー自身でご登録いただいても、第三者に登録を委託いただいてもかまいません。

SPEEDEXが登録代行を行っているドメイン(JPドメイン・トップドメイン)以外の、to,ac, tv等の、全ての有効なドメインもSPEEDEXサーバー上でご利用いただけます。こうしたドメインをご利用の場合は、レジストラーの登録はSPEEDEXパートナー側で行っていただきます。(その際、SPEEDEXのDNSをレジストラーに登録いただきます。)
あるドメイン名が取得可能かを確認するためには「whois」というコマンドが利用できます。
このコマンドを利用したドメインサーチシステムが以下ページに設置してありますので、ご希望のドメイン名が取得可能かどうかご確認いただけます。
ドメイン名の検索>>

C NAME(サブドメイン)設定無料

www2.bbb.net、member.bbb.ne.jp のようなホスト名をドメインと同一のIPで使うことをSPEEDEXでは「C NAME」と呼んでいますが、このC NAMEの利用、数にも制限はありません。

複数ドメイン利用の安全性

各ドメインの管理ユーザーは、他のユーザーはアクセスできない、自分専用のディスク領域を所有できます。従って、1台のVPSに複数のドメインが設置されていても、各ドメインは安全にサーバーを利用できます。
SPEEDEXのVPSの各ユーザーは、他のユーザーはアクセスできない、自分専用のディスク領域を所有できます。従って、1台のVPSに複数のドメインが設置されていても、各ドメインのコンテンツやスクリプトは各ドメインの管理ユーザーの領域に置かれるため、各ドメインは安全にサーバーを利用できます。
また v3プランでは、cgi 等のプロセスが各ドメインの管理ユーザー権限で実行されるため、もし仮に他の管理ユーザー領域のデータを書き換えるような問題のあるスクリプトが実行されても、実際にデータが書き換えられてしまうようなことはありません。
各ドメインのスクリプトが影響を与えられるのは、自分が管理できるユーザーの権限ディレクトリーのみとなります。
従ってVPSを分割再販する場合でも、各ドメインの管理ユーザーに自由にカスタムcgiを利用させることができます。
カスタムcgiの利用を禁止しているWeb ホスティングも少なくありませんので、このポイントは販売先の各ドメインに対して比較的高価な利用料を設定できることを意味します。

設計同時プロセス数

サーバーの性能で、ドメインの設置可能数に一番影響を与えるのは「同時プロセス数」です。同時プロセス数については各サーバーのスペック表をご覧ください。
v3プラン スペック表>>
v3 Linuxプラン スペック表>>

可能にしたのはVirtualHost技術

最先端のVirtualHost技術で、1つの VPS(仮想専用サーバー)に複数のオリジナルドメインを設置することが可能になります。
サーバーの維持費は、月額固定です。実際にサーバーにいくつのドメインが置かれていても、維持費が増えることはありません。

お問合せ
今すぐ資料請求
再販売システム
IT関連事業 成功事例紹介
ViaVerioで弊社サービスが紹介されました