レンタルサーバーの再販ならSPEEDEXレンタルサーバー
サーバーサービス 再販売制度概要 お問合せ オーダー
Loading
ホーム>データシェルター

データシェルター

大切なデータを暗号化して安全に保存する

Windows PCのデータを暗号化し、NTTコミュニケーションズのデータセンターに自動バックアップ
データシェルターの特長
  • 一般ユーザーにとって最低限必要な機能だけに絞り込んであり、簡単に利用できます。
  • 10GBのデータを毎日バックアップし7世代分を保存したとしても、月額の費用はわずか1,400円(税抜)です。
  • 最近猛威を振るっているランサムウエア対策やPCクラッシュ対策にも最適です。
  • バックアップ対象はディレクトリ単位で簡単に指定できます。
  • 定時自動実行でバックアップ忘れがなくなります。
  • オンデマンドバックアップ実行も可能です。
  • いつでもバックアップデータを回収できます(バックアップデータの総量がおおよそ100GB以下の場合:S3 Browserなどのツールを利用/バックアップデータの総量がおおよそ100GB以上の場合:専用のツールを利用)。

有名なAWSのバックアップではデータ転送費用が発生し、利用費が思わぬ高額になることがありますが、データシェルターではデータ転送費用は発生しません。費用は利用したバックアップディスクサイズだけで決まります。
また、データ転送はhttpsで暗号化、データセンター内でも暗号化して保存されるため、データが盗み見される心配もありません。
ただし、アクセスキー、シークレットキーがあればデータは解読可能ですのでご注意ください。

バックアップ契約

データシェルターはバックアップを実施するWindows PC単位での契約となります。 データシェルターは再販制となっており、ご契約いただけるのはSPEEDEXパートナーのみです。

  • SPEEDEXパートナーは必要に応じ、バックアップWindows PC1台単位で契約できます。
  • SPEEDEXパートナーは、データシェルターサービスを独自名称、独自価格設定で再販売できます。
  • データシェルターサービスのみでSPEEDEX パートナー資格を取得するには、バックアップWindows PC5台分の契約が必要です。
  • 契約開始時に、「PC ID」ごとに「初期設定費」2,500円(税抜き)が発生します。
  • 月次利用費は、SPEEDEXパートナー配下全「PC ID」のディスク実使用量を積算した総利用バックアップディスクサイズに基づき「バックアップ単価表」の単価が適用されます。
  • 再販制度ですので、再販先にどのような料金体系で販売されるかは自由です。
初期設定費(税抜)2,500円/PC 1台あたり
バックアップ単価表
利用バックアップディスクサイズ月額単価(税抜)
1TB未満13.5円/GB
1TB以上2TB未満13円/GB
2TB以上12.5円/GB

月次のご請求とお支払いについての詳細は、以下のページをご確認ください。

バックアップ契約手順

以下の手順でお申込みください。

  1. オーダーフォームからバックアップを行うPCごとに固有の「PC ID」を指定し、お申し込みください。
  2. 「初期設定費」をお支払いください。
  3. 契約ごとにデータセンターでバックアップ領域を確保し、「PC ID」「Access Key ID」「Secret Access Key」をお知らせします。
    基本的に「PC ID」はオーダー時に決めていただいたものになりますが、まれに変更になることもあります。
  4. バックアップを行う「PC ID」ごとに固有のツールをお送りします。このツールを利用して簡単に日々のバックアップが行えます。
    ツールは「PC ID」ごとに固有のものです。一つのツールを異なるPCで共用することはできません。

バックアップディスク使用量通知

  • 当社では毎日午前6時から午前9時の間に「PC ID」ごとのディスク使用量を調査し、調査レポートを毎日ご登録いただいているメールアドレス宛にお知らせします。
  • 当社では「PC ID」ごとのバックアップディスクサイズに制限を設けることはできません。
    利用費用は利用実績に応じて無制限に増加しますので、バックアップディスク使用量通知には十分ご注意ください。
  • 当社では「PC ID」解約によりディスクを空にすることはできますが、それ以外のディスク操作はできません。
    バックアップ済みのファイルを削除してバックアップ済みディスクサイズを減量する等の操作は利用者あるいはSPEEDEXパートナーの作業となります。

バックアップの実施

バックアップを行うPCごとでのバックアップの実施は以下の手順で行います。詳しくはサポートページを参照してください。

  1. お送りする専用ツールをPCに保存
  2. 追加スクリプトのダウンロードと設定
  3. 専用ツールを使ってバックアップ対象ディレクトリを指定
  4. 専用ツールを使って初回バックアップテスト
  5. 「タスクスケジューラ」を使ってバックアップを自動実行

バックアップの回収

バックアップディスクサイズがおおよそ100BG以下の場合

S3 Browserのようなツールをご利用ください。
S3 Browserでの回収事例はサポートページを参照してください。

その他、以下も現時点で利用可能です。
SpaceBlock
CloudBerryBackup
DragonDisk

バックアップディスクサイズがおおよそ100BG以上の場合

専用の回収ツールをご利用ください。
詳しくはサポートページを参照してください。

お問合せ
オーダー お問合せ